難易度の高い不動産取引を行いました

この度、1年ほど前から調整していました不動産仲介が無事に決済を迎えました。

阪神間にある1200坪を超える敷地に共同住宅の建物がある物件でしたが、前面道路の幅員が6.0mない箇所があり、開発行為の許可が下りない不動産でした。
場所は申し分ないのですが開発行為ができない為にデベロッパーなどはマンション建築ができない為に購入ができません。

また一般法人向けに営業を行っても利用方法がイメージできない、そもそもここまで大きな案件を取得できる企業は見つからないなど難易度の高い案件でしたが、当社の独自のットワークで買主様を見つけ交渉を重ね無事に購入いただきました。

これから現在の建物を改修して利用されます。

 

不動産仲介だけではなく、どのように利用することができるかなど事前に調査を行い、建物の利用方法や行政手続きの方法などご提案を行い、買主様にご説明しご購入いただくまで1年間かかりました。

いろいろありましたが当社の仲介案件の中で記憶に残る大きな取引となりました。

 

写真は1948年ごろの空中写真で地歴調査を行うために調べたものです。

関係者のみなさまありがとうございました。