不動産お困り110番

不動産問題・相続問題・空き家問題を解決


気になる『空き家』

『面倒くさいし』そのうちにと

『ほったらかし』になっていませんか?

あなたのお悩み各分野の専門家

協力してひとつひとつ解決します

ここ数年、相続や空き家に関するご相談が増えてきました。

特に、「実家を相続したけれど、親戚が遠方で管理できない。」「空家、空地のままにしておくのはもったいないけれど、どうすれば良いのか分からない。」といった内容が多く、また、そんな悩みをお持ちの方の多くが、日常生活の忙しさや、相談先がわからずに、いつの間にか何年もそのままにしているという話もよく伺います。

私たちは、たくさんの「空家を管理してほしい」「貸したい」「家を売却したい」「家財を処分したい」といったお客様のお悩みを弁護士・司法書士・税理士・会計士・土地家屋調査士など、各方面の専門家と協力し合い解決してきました。私たちが窓口となって、お客様のお悩みをワンストップで解決いたします。まずはお気軽にご相談ください!


大切な「空家・空地」のお悩み

 

私たちが解決します!

こんなお悩みはありませんか?

あなたのお悩みを、

各分野の専門家が

力を合わせて解決します!

空き家問題の解決をします

■ご相談の流れ

取扱地域

《兵庫県》神戸市・芦屋市・西宮市・尼崎市・宝塚市・川西市

《大阪府》大阪市・吹田市・豊中市・箕面市

お問合せは 

➿0120-110-805

E‐mail:info@reafcreation.com     

https://www.reafcreation.com

定休日:土日祝 受付時間:AM9:30~18:30

 

株式会社リーフクリエーション   

兵庫県知事(2)第11526号

〒651-0096 神戸市中央区雲井通5-2-1

(公社)兵庫県宅地建物取引業協会 (公社)近畿地区不動産公正取引協議会

(公社)近畿圏不動産流通機構

ダウンロード
空地・空家管理のご案内20180815.pdf
PDFファイル 1.1 MB

不動産お困り110番 Vol.4

新年度には不動産の所有者に役所から固定資産税等の納税通知書が届きます。田舎の自宅など空き家を「ほったらかし」にしていませんか?今回は空き家管理についてのお話です。

 

【空き家はあっという間に傷みます】

人が住まないと空き家はすぐ傷みはじめ、不動産の価値を著しく損なってしまいます。長期間そのままにしていると、いざ、住もうと考えたり売却の時に、修復費用がかかるばかりでなく、解体費用や、売却査定額が大きく下がる可能性があります。

適切な空き家管理を行うためには、定期的に換気、通水作業、簡易清掃、雑草を除去、住める家として管理する必要がありますが面倒ですね。そこで、当社では空き家巡回管理サービスを行っています。毎回、写真入り管理報告書を提出し丁寧な空き家管理を行っています。

 

【空家管理の注意点Q&A

Q1 空き家にするとどのようなデメリットがあるのですか?

A 建物が傷むだけではなく、近隣とのトラブルや不審者・不法投棄など空き家の所有者が責任を問われる事もあります。

また、空き家対策特別措置法の施行により、特定空き家に指定された場合、固定資産税の軽減対象から除外され、固定資産税が1/6の軽減がなくなり大幅な負担となります。

 

【特定空き家】

 2015年5月26日に施行された「空家等対策特別措置法」では、『特定空家等とは、そのまま放置すれば倒壊等著しく保安上危険となるおそれのある状態又は著しく衛生上有害となるおそれのある状態、適切な管理が行われていないことにより著しく景観を損なっている状態、その他周辺の生活環境の保全を図るために放置することが不適切である状態にあると認められる空家等をいう』とされています。

 

【管理だけではない当社が選ばれる理由】

    専任の担当者が現場に伺います

    自社物件も管理する不動産管理のプロです

    リフォーム・残置物処分・不動産売却・賃貸のご相談

    弁護士、司法書士、税理士などの先生と共に相続問題のご相談

    相続や空き家問題解決の勉強会を開催

 

空き家の問題はご家族だけの問題ではなく地域のみなさまの問題でもあります。

一緒に解決していきましょう!

 


不動産お困り110番 Vol.3

今回は長い間使われていなかったマンションの「空き家再生」に取り組みました。

『Reaf Creation』✖️『WATER'S EDGE LLC.』のコラボレーションで、WATER'S EDGEが得意とするカリフォルニアスタイルを採用。

『URBAN SURF MIX』をコンセプトの元、天然木やアイアンパーツ、更にイタリア製のタイルをうまく取り入れ、シンプルでカジュアルな中に洗練された都会的な雰囲気を感じることのできる空間作りを目指しました。

 

現状のままでは価値のないものに新たな付加価値を与えて再生させるプロジェクトは、SDG’sの「住み続けられるまちつくり」 「つくる責任つかう責任」に寄与し空き家問題の解決だけではなくやりがいを感じることができました。

-details-

物件名 カサベラ新在家ツインズ1号館 202号室

所 在 神戸市灘区新在家南町3丁目

種 類 1LDK

面 積 36m2

交 通 阪神電鉄本線「新在家」駅 徒歩8分  JR神戸線「六甲道」駅 徒歩14分

 

賃 料 72,000円/月

管理費  4,894円/月

敷 金 1ヶ月

礼 金 2ヶ月

家賃保証(初回):日本セーフティー

保証人有 40% (賃料72,000円+管理費4,894円)×40%=30,757円

保証人無 50% (賃料72,000円+管理費4,894円)×50%=38,447円

家賃保証(継続): 800円 / 月(月払いを選択した場合、集金代行サービスの利用必須となります。)10,000円 / 年

火災保険料:フレックス少額短期保険 18,000円(保険期間:2年)

 

物件のお問い合わせはお気軽にお電話ください


不動産お困り110番 Vol.1

【ご相談】

(地主・建物所有者) 相談者の建物は、土地は借地で建物は昭和30年代の住宅。建物所有者のお父様が施設に入られ空家で数年が経ち、地代の支払いも困るので処分しようと地主さんへ相談をされました。

しかし、地主さんに土地を返す場合の建物解体費用が高額で払えない。建物の古さと傷み具合から、このままでは売却も貸すことも出来ないと、地主さんもお困りになり弊社へご相談をいただきました。

【当社ご提案】

今回の物件は周辺環境や交通アクセスは申し分ない場所です。

しかし前面道路までの通路が狭く「再建築不可物件」。

建築年月日や2階増築など正確な記録や資料も無く、不動産会社の買取りも断られるような案件です。

空き家になって数年経過し、雨漏り跡や床の傾き、家財処分等の問題も山積みで間取りの確認も出来ない状態でした。

「ご相談いただいたからにはなんとかしたい。」

弊社で賃貸・売却など計画を立案し借地権付き建物を取得。設計士、工務店が連携しながら家財処分・内装撤去、建物の柱や土台の交換など補強工事も行いリノベーション工事をおこないました。

その結果、相談者は高額な解体費用の負担と地代の支払いが無くなり、建物管理の煩わしさからも解放され、地主さんは今後も地代が継続して入ることで皆さんが笑顔に。

ご相談から1年ほどかかり、ご相談者のお父様はお話の進行中でお亡くなりになりましたが相続手続きも司法書士と連携し相談者様のお困り事をスッキリ解決しました!